川崎市多摩区にあるRoot One Yoga STUDIOは南武線 宿河原駅から徒歩3分、シンギングボウルが体験できる数少ないヨガスタジオです。

Site Map

生活習慣病に「マルチビタミン+ビタミンB群」

2023/11/11

こんにちは、Kazuneです。

先日薬局で働いていて「コレステロールを下げる」サプリを一生懸命見てる人がいて声をかけました。

Q「コレステロール下げるのにコレステロールを下げるって書いてるこのサプリがいいのかな?」
 あと「血糖値下げるのはサラシアがいいのかな?」


と聞かれた。

(まず最初に、これは一つの意見であり、これが絶対でもどのパターンでも正しいということでもありません。)

この最初に見ていたサプリメントももちろん良いと思います。そのために作られたものですからね。

でも、以前どこかで言ったと思うのですが、血糖値が高いとかコレステロールが高いのはそのような生活習慣になっているから。
または、年齢などによって血糖値やコレステロールをコントロールしにくくなっているから。

でも、よく考えると現代の生活スタイルは矛盾してますよね。
美味しいものを食べたい。お腹いっぱい食べたい。でも、血糖値やコレステロールの吸収を抑えるものをサプリで摂る。
味覚は楽しみたいけど、(余分な)栄養は吸収したくないって。。。

脱線しそうなので、それはおいといて
なので、

もっと根本を整えていかないといけないと思うんです。
コレステロールには「EPA&DHA」なんかもおすすめはしたのですが、

今回はもっとシンプルにビタミンの重要性をお伝えしました。

ビタミンは体に絶対に必要なものです。ビタミンが体でいろいろ働いてくれるから元気でいられる。
ビタミンが不足して働きが鈍くなったら、サラシアやコレステロール改善サプリを摂ったところで効果はでにくいでしょう。

だから、ビタミンサプリをベースに摂りつつ、サラシアやコレステ改善サプリを摂るのがおすすめ。

ビタミンは何を摂ればいいのか?

「マルチビタミン+ビタミンB群」がおススメ!

ビタミンもそれぞれが関わりあって機能を発揮します。
なにかのビタミンが足りないとうまく機能がしにくくなります。

例えば歯車が一つなければ、空回りしたり、動かない歯車が出てくるように。
なので、歯車がかみ合うようにマルチビタミンはベースサプリとして摂っておきたい。

そこにさらにビタミンB群。

マルチビタミンにも含まれてますが、血糖値やコレステロールを考えなければいけない方は足りません。
だから別にビタミンB群を摂る必要があるんです。

マルチビタミンがあるのに、なぜビタミンB群やCのサプリが別にあるのか?
それは消費が激しくてすぐ足りなくなるから。

ストレスが多い方は特にビタミンB,Cは消費が激しいので摂取したほうがいいです。
すぐイライラするのもビタミン不足なのかも?


ビタミンB群は簡単に言うとこんなのがあります。

「ビタミンB1」<主な食材:豚肉、玄米など>
・糖質の代謝に関係し、疲労回復、神経機能の回復などにもかかわる。

「ビタミンB2」<主な食材:納豆、アーモンドなど>
・主に脂質の代謝に関わるが、糖、たんぱく代謝にも関与。 皮膚や髪を健やかにする。成長の促進

「ビタミンB6」<主な食材:豚ヒレ、まぐろ、かつお、バナナなど>
・主にタンパク質の代謝に関わるが、糖や脂質の代謝にも関与。皮膚や髪を健やかにする。神経伝達物質の合成。

「ビタミンB12」<主な食材:しじみやあさりなど>
・タンパク質や脂質代謝に関わる。血を造ったり、神経機能の維持

「ナイアシン」
・糖、脂質、たんぱく質、アルコールの代謝

「パントテン酸」
・糖、脂質代謝

「葉酸」
・DNA,RNAの合成、造血など細胞が増えるときに重要な役割。女性の受胎から妊娠初期までに摂取することで
先天異常のリスクが減る。

ビタミンBもいろいろありますね。
糖、脂質、タンパク質、これらを代謝して体の血肉にしていくのにビタミンBは絶対に必要です。

逆にサラシアなどは別に生きていく上で絶対必要ではない。

だから、絶対に必要なものを補充することが「マスト」
そのうえで目的の糖なり、コレステロールなりをなんとかしてくれるサプリをプラスαすると効果は出やすいと思います。

ここで気づくかもしれません。または、みなさん潜在的には知っているはずです。

ビタミンなどの栄養を摂りたければ食事をしなければいけません。
やせるためには、数値を下げるためには、食べる必要があります。

食物に糖やタンパク質や脂質が含まれていると同時にビタミンなどの代謝させる栄養素も入っているから。
ここで、「ケーキ」「菓子」みたいにただのカロリーにしかならないのはだめですが、

本来は適切な食事にはサプリメントの栄養が入っています。サプリメントの栄養も結局食材などから作ってることが多いですからね。


糖や脂質などの数値をコントロールしたいのなら、
普段食べるものに入っている、体に絶対に必要なビタミンから考えましょう!

あと運動。特にヨガ。

 

PAGE TOP